復帰を目指す人へのサポートする老人保健施設

老人保健施設は病院と家庭の中間の立場の施設で、家庭での生活を目指している高齢者が入所している施設です。まだ自立の状態ではない高齢者は、「要介護」の状態なので、そこで働く介護士など介護スタッフの手を借りて生活をしています。

入所施設なので介護スタッフは、交代勤務で24時間体制を取ります。したがって夜勤も当然ですが、シフトに入ってきます。日勤では自宅に戻るためのリハビリテーションをリハビリ専門のスタッフと共に実施し、その他にも食事介助・排泄や清潔介助を行います。あくまでも自宅に戻る事を目的に入所する施設なので、ほとんどの方が3か月程度のサイクルで入れ替わっていきます。そして自宅復帰を意識したリハビリ中心のサービスが求められるため、食事や入浴介助のような一般的な介護の仕事の他に、入所者一人一人に合わせてリハビリ計画に合わせた体操やマッサージなども仕事の一部に入ります。

専門性が求められて難しそうに感じられるかもしれませんが、老人保健施設には介護スタッフの他に看護師や理学療法士が連携して勤務にあたるので、介護スタッフに難しい専門性を求めてくることはありません。そして専門的な難しい事に関しても、職場の専門職の人達に教えてもらう事ができるので知識を広げることが出来ます。

このように、老人保健施設では自宅復帰と言う見通しの明るい目標を持った高齢者の支援に関わる事ができます。目標を達成して自宅復帰が叶った入所者をお見送りする時の気持ちは、何とも言えない嬉しさがこみ上げます。